コメントは重要な仕様書である

プログラミングはソースコードとして一つの機能を実現させるための手順書を記述するものです。
しかし、作成した本人でさえ どのような処理をしているかをコメントとして記述しておかなければ、容易に理解できないものです。
もし作成した直後であれば、様々なことが記憶に残っているので、このような問題に至らないのですが、しばらく時間を置いてから処理(ソースコード)を追いかける場合は、コメントがなければ必ず苦労することになります。
ましてや、他の開発者のものであれば、コメントがなければ、実に大変なおもいをすることになるでしょう。
さらに、そのソースコードに修正を加えていくことは、考えただけでも遠慮したくなるに違いありません。
以上のことから、コメントは自分にとっても、開発者にとっても重要で、プログラムの処理の流れを把握/理解するための仕様書といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です