クールビズの調査

クールビズの季節になりました。
気になったのでクールビズについて調査を行いました。

調査結果
・2005年、当時の小泉純一郎首相が小池百合子環境大臣に働きかけたことにより始まった「クールビズ」。
・環境省は、同年、地球温暖化防止のため、夏季のオフィスにおける冷房温度を28℃程度に設定することを広く呼びかける一環として、28℃の室温でも対応できる軽装(ノーネクタイ・ノージャケット等)を推奨。
・環境省が想定するクールビズの実施期間は、原則として6月1日から9月30日までの4ケ月間で、いわゆる衣替えの時期と同一。ただし、東日本大震災により深刻な電力不足に直面した2011年・2012年は、5月1日から10月31日までの半年間で実施。

「クールビズ」の名付け親は、当時の小泉純一郎首相でもなく、小池百合子環境大臣でもなく、一般人。2005年4月に行われた一般公募で、約3000件集まった作品の中から見事受賞を果たした東京都立川市在住の田形英明さんです。
http://www.env.go.jp/press/press.php?serial=5936

令和

5月から年号が「令和」となりました。

令和とは日本最古の和歌集である万葉集より引用されたもので
「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ。
梅の花のように、日本人が明日への希望を咲かせる国でありますように」
という意味があります。

私も昭和、平成、そして令和の時代を生きることになります。
昭和の時代は戦争が終結し、日本が大きく発展した時代でもありました。
そして、平成では物と情報に溢れて豊かな生活になった一方、各地で大震災が起こり、自然の脅威を思い知った時代となりました。

そして今月より始まる令和時代。
どういった時代になるのか。
そしてどのような時代にしたいのか。

私たち20代、30代が中心となって日本を引っ張っていかなければいけない時代になると思います。

技術とテクノロジーが進歩し続けるなかで、私も時代に置いていかれぬよう、日々勉強をしていきたいと思います。

iPadの初代モデル

おはようございます。4月3日、水曜日です。
2010年のこの日、iPadの初代モデルがアメリカで発売されました。今ではビジネスツールとしても多くの企業人が使用しているのではないでしょうか。

これを世に送り出したのは、言わずと知れたアップル社「スティーブ・ジョブズ」です。多くの名言を残しており、一冊の本にまでなっているくらいです。その中からひとつ。
「即戦力なんて存在しない。だから育てるんだ」

新人はもちろんのこと、中堅ですらまだまだ先輩や上司の助けが必要な場面があります。上から下へどんどんと知識や技術を「下ろしていく」ことが大切です。

教えられる方も素直な心で受け入れていくことが大事。会社は社員にかかっています。みんなで前進していきましょう。

天王星

1781年の3月13日、ウィリアム・ハーシェルが「天王星」を発見しました。水金地火木土は紀元前2000年から知られていましたので、遅れること約3700年後に太陽系に惑星が一つ仲間入りすることになります。

この世にはまだまだ知られざることがたくさんあります。仕事にしてもまだまだ改善の余地があったり、いつか新たな技術革新によってさらなる方法を発見することもあります。

そうした発見や改善をするためには、まず基本をしっかりと習得しておかねばなりません。そこからしかスタートしないとも言えます。同じ事の繰り返しこそがそれを育むことを忘れないようにしましょう。

インフルエンザ

2月といえば例年インフルエンザのピークと言われています。
職場でもそうですが、家庭でもインフルエンザに感染してしまう方もいるのではないでしょうか。
感染してしまうと仕事にも支障が出ますので、なるべく予防するように心がけたいところです。

一般的に取り入れやすい予防方法としては
・マスクをする
・うがい、手洗いをこまめにする
などがあります。
また、免疫力が低下しているとインフルエンザ以外にも風邪などにもかかりやすくなってしまうのでしっかりとした食事と睡眠をとることも重要になります。

意外なところで乳酸菌もインフルエンザなどの感染予防に効果があります。
乳酸菌には免疫力を高める効果があるとされていますので、朝食に一品ヨーグルトを増やすなどして毎日摂取するようにするとインフルエンザなどの予防につながります。
これなら簡単に実践することができますので、取り入れやすい予防方法ではないでしょうか。

また、この時期は空気が乾燥しやすいのもインフルエンザに感染しやすい原因になります。
空気が乾燥しているとウイルスが飛散しやすい状態になります。
簡単な加湿方法としてはマスクをすることで乾燥した空気を遮断することができます。
ウイルスを体内に入れないという意味においてもマスクは有効なので、この時期はマスクでインフルエンザなどを予防するのが効果的だと思います。

以上のように個人的に簡単に取り入れることができる予防方法はたくさんありますので、インフルエンザなどに感染しないよう頑張って予防していきましょう。

コミュニケーション

最近私は仕事でミスをしてしまい、しばらく落ち込んでいました。

先輩や上司にフォローしていただき事なきを得ましたが、自分の不甲斐なさに落ち込み反省しました。
家に帰り一連を振り返ると、自分の日頃の行いやちょっとした思い違いでこうなったのだと気づきました。

私は自分で言うのもなんですが、人とのコミュニケーションが得意ではありません。
言い訳ですが、朝は低血圧で寝起きも悪いためとても苦手です。
挨拶も小声で酷い時は会釈しかできていません。
仕事中も必要最低限の会話をして、仕事をきっちりこなせていれば他に話す必要もなく、むしろ仕事以外の会話は無駄話だとまで思っていました。

ところが今回のミスは苦手とするコミュニケーション不足でおこってしまいました。
先方のお客様ともう少しコミュニケーションを日頃からとっていれば、表情をくみ取ることができていればおこらなかった事でした。

日頃の挨拶から始まり相手の目を見てコミュニケーションすることは、全てが雑談というわけではないんだとこの歳で気づきました。
お互いの考え方や表情にでる感情を得られるコミュニケーションは、仕事を気持ちよく円満に進める最も重要な仕事でもあるのではないかと。

これまでの自分の行動や考え方が急に恥ずかしくなりました。
ですが、すぐに自分を変える事は難しいので、少しずつ変えていこうと思っています。

まずは朝の挨拶から始めていこうと思っています。

コメントは重要な仕様書である

プログラミングはソースコードとして一つの機能を実現させるための手順書を記述するものです。
しかし、作成した本人でさえ どのような処理をしているかをコメントとして記述しておかなければ、容易に理解できないものです。
もし作成した直後であれば、様々なことが記憶に残っているので、このような問題に至らないのですが、しばらく時間を置いてから処理(ソースコード)を追いかける場合は、コメントがなければ必ず苦労することになります。
ましてや、他の開発者のものであれば、コメントがなければ、実に大変なおもいをすることになるでしょう。
さらに、そのソースコードに修正を加えていくことは、考えただけでも遠慮したくなるに違いありません。
以上のことから、コメントは自分にとっても、開発者にとっても重要で、プログラムの処理の流れを把握/理解するための仕様書といえます。

AWSの監視ツール「CloudWatch」で何?

CloudWatchは、AWSが提供する「フルマネージド運用監視サービス」で、AWSの各種リソースを監視してくれるもの。
・セットアップ不要で使える。
・異常な状態を検知して、自動で復旧までしてくれる。
・メトリクスに応じてアラート通知や、アクションを設定できる。

CloudWatchには3つのサービスがあります。

リソースを監視する「CloudWatch」
CPUやメモリなど複数項目をグラフ化してダッシュボードを作れます。
よく使うものは標準メトリクスとして用意されていて、クレジット(利用料金)も監視できる。
監視するだけじゃなくてリソースの状況に応じて、メールを送ったり、再起動したり、AutoScalingしたりとアクションができるのも特長です。
月額料金が一定額を超えたら通知することもできるようです。

ログを集めて監視する「CloudWatch Logs」
Amazon Linux、RedHat、Windowsなどに対応し、インスタンスにエージェントを入れることで各種ログを取得します。
OSに加えて、アプリケーションのログも対応していて、キーワードでアラート通知させることもできます。
つまり「アプリケーションやOSがエラーログ吐いたら管理者のメールに通知」が実現できるということです。

APIのイベントをトリガーに何らかのアクションを実行させる「CloudWatch Events」
AWSはさまざまな処理をAPIで実行しています。たとえばEC2インスタンスの起動停止もAPIで実行しています。
こういったイベントを監視するのがCloudWatch Events、ということです。
具体的には、インスタンスのterminate(削除)でアラート通知する、コンソールに特定のユーザがサインインしたときにアラート通知する、ということなんかができるようです。
トリガーになるイベントはこれ以外にもEC2ステータスやスケジュールなど数多く用意されていて、LambdaやSQS、SNSなどと連携できます。

プログラムの先頭にはヘッダコメントを設ける

仕様書は、プログラムの保守、機能拡張を行うときに参考にします。しかし、最終的には何を見るかというと、やはりプログラムです。
仕様書などは時としてプログラムの更新と同期していないことがありますが、プログラムは唯一真実を語るものです。
したがいまして、プログラムには仕様が明記されていなければならないのです。
仕様書よりは有効な開発支援となるものですから、必ずコメントを記述しています。(日本語で記述しています)
ヘッダー部は、プログラムが使用されなくなるまでソースプログラムについてまわるものなのです。