AWS初心者入門 – AWSの基本サービス

最初はこれだけ覚えてサービス

Amazon EC2
EC2は「Elastic Compute Cloud」の略です。「弾力のある、伸縮自在の」これがAWSの好きなときに拡張できるってヤツです。
EC2はAWS上に仮想サーバを作るサービス。だから、AWSにサーバを立てて、アプリケーションを動かそうと思ったら、必ず使う。
AWS上にWindowsやLinuxのサーバを作ろう、と思ったらまずEC2を使う。
ちなみにEC2はサービス名です。自分たちで立てたサーバひとつずつのことを“インスタンス”と呼びます。

Amazon EBS
EC2を使うならセットで使うのがEBS。(EBSはElastic Block Storeの略。Amazon EC2向けの永続的なブロックストレージ)
EC2にもデータを保存する領域はあるのですが、そちらはEC2を停止するとデータも消えてしまう。

Amazon S3
Simple Storage Service
AWSの中核サービスの1つで、オンラインで使えるストレージ
S3の特長は容量が無制限なこと。
EBSは容量に制限があるから、容量が大きくなってくると向かない。
S3の方がEBSより安い。
S3の月額料金は、$0.025/1GBあたり(最初の50TB、スタンダードストレージ)※東京リージョン、2017年8月現在
S3が$0.025に対して、EBSは$0.12と約5倍もの差。
アプリケーションからアクセスする頻度が高いデータはEBSに入れておいて、バックアップなどのデータをS3に置く構成が鉄板。

Amazon Route53
AWSが提供するDNSサービス
AWSのRoute53でDNSのレコードを設定すると、世界中のDNSサーバにコピーされるから、ものすごく信頼性が高い。自社サイトのDNSサーバとして使うもアリ。

エクセル短縮キー10選で”処理速度10倍”

エクセル短縮キー10選で”処理速度10倍”
(https://president.jp/articles/-/26071)

富士登山

登山部がこの夏に富士山へ行ってきました。

雲海の写真です。
富士山の影も雲海に写っています。

 

上った後の感想を聞きました。

  • 登頂に成功し、達成感を感じ、苦しいときでも思い出し頑張れるようになった。
  • 色んなことに挑戦してみようと思うようになりました。きつくっても達成感が味わえたので。。。
  • 富士山登ったら、何でも乗り越えられる気がします。
  • 星空が好きになりました。
  • 山頂は一つの街のようになっていてにぎやかでした。
  • 山頂は冬の寒さでした。
  • 8合目から9合目が1番キツかったです。
  • 英語力があればもっと楽しめた。

 

これから上る人へのアドバイスはありますか?

  • 時間以上かけて体を充分ならして登る事をお勧めします。
  • 日頃、運動不足な人は、心肺能力を上げるようなトレーニングをしてから行ったほうがいいと思います。
  • 高山病にならないように、深呼吸と水分補給が大切だと思います。
  • お水は山小屋でも買えますが、山頂に近づくにつれ高価になります。
  • トイレは山頂に近づくにつれ高価になります。100円玉をたくさん持っていきましょう。
  • 砂走り下山時スパッツ必須です。

 

酒の「肴」

魚だけが肴なのでしょうか?

酒を飲むと気持ちが大きくなって、日頃のうっぷんを晴らしたくなります。
鬼部長やゴマスリ課長の下で働いている人間同士が集まれば、上司の悪口は恰好の酒の「肴」になることでしょう。

サカナといっても、ウオだけを指す言葉ではありません。ナ(菜)は食べ物になる魚菜類のことです。
つまりサカナは “酒菜” なのです。
転じて、酒の席におもしろみを添えるような 歌・踊り・話題 などにも使います。

とはいえ、いい年をした男たちが “部長のパカヤロー” などど 飲み屋でくだを巻いているのは、あまり恰好のいいものではありません。
“ああいうおじさんて最低ね”と若い女性の酒の「肴」にされるのがオチです。

宴も「たけなわ」

よく使われることばで、宴も「たけなわ」ということばがあります。
竹と縄?
言葉を調べる機会がありましたので、ここでお披露目いたします。

たとえば、
レモンエード→レモネード→ラムネ
のように言葉がしばしば短縮されるのと同じように、

酒に酔っている人に”ウタゲナカバ”と発音してもらうと、
呂律が回らず、”タケナワ”と聞こえるとのことで、
今が最高潮という意味の”タケナワ” は ”ウタゲナカバ”(宴半ば)が縮まったものだということだそうです。

みながまだ「ウタゲナカバ」と言えるうちは、まだ宴も「たけなわ」ではないのです。
みなが「タケナワ」になったときこそ 宴も「たけなわ」なのです。

関東ITソフトウェア健康保険組合

関東ITソフトウェア健康保険組合(ITS)は一定の基準を満たす関東甲信越にあるIT企業が審査を経て加入できる健康保険です。(弊社も加入しています。)
企業の加入条件や審査が厳しい事が有名な組合です。
入りたくても入れない企業が沢山いるので、関東ITソフトウェア健康保険組合に加入していたらラッキーだと思ってください。

プログラミング言語

プログラミング言語とは、コンピュータプログラムを記述するための形式言語です。
たくさんの種類がある言語から一部を紹介します。

■Python
コードが非常にシンプルで文量も少なく、誰が書いても同じコードになるため読みやすいといった特徴を持っています。
「YouTube」や「Evernote」「Instagram」など世界的に有名なサイトの開発にもPythonが用いられています。
Pythonのコードは非常にシンプルで、エンジニアが書くコードの分量は少なくて済みます。よって初心者が身につける上で比較的学習しやすい言語です。これも人気のひとつでもあります。

■JavaScript
マウスを乗せたボタンの色が変わったり、ポップアップが出現したりなど、主にWebサービスを使うユーザー側の動きを作るために使われるプログラミング言語がJavaScriptです。ウェブページに動きをつけるのに最適で、フロントエンドエンジニアの必修言語です。

■Ruby
Rubyはまつもとゆきひろ氏(Matz)という日本人によって開発されたプログラミング言語です。
開発者のまつもとゆきひろ氏曰く「Rubyは『楽しさ』を第一目標とした言語」だそうで、プログラミングの教育にも使われています。

■Scala
ドワンゴやセプテーニ、オプト、海外だとTwitter社などのメガベンチャー企業の多くが利用しているプログラミング言語がScalaです。

■PHP
PHPは初心者でも取り組みやすい言語の一つとして、長きにわたり人気を保ち続けています。Webサービス開発でもPHPは多く活用されており、おすすめしたい言語です。
「WordPress」もPHPを活用して作られています。WordPressはCMS(Content Management System)サイトの一つで、ソースコードを書かなくても、利用者がサイトの更新を行えます。この開発にもPHPは使われます。

■Swift
2014年にApple社が開発したプログラミング言語です。iPhone/iPad向けのアプリを作る時はObjective-Cという言語を使う必要がありましたが、よりシンプルな開発が可能になった言語としてSwiftが誕生しました。

■R
統計的な情報の分析・解析に特化したプログラミング言語がRです。

■C#
C#はC言語をベースに、マイクロソフトが開発したプログラミング言語です。アプリケーション開発に用いられます。特にUnityを用いたVR開発では、主流のプログラミング言語として使用されます。
Javaと同じオブジェクト指向のプログラミング言語で、C#を学べば、Javaを学習するときにも取り組みやすくなります。

■Kotlin
Googleが発表したAndroidの公式言語がKotlinです。JetBrains社によって開発されました。

■C
プログラミング言語の元祖とも言える存在です。

無料SSLサーバー証明書

今まで、サイトをSSL化するためには、1年単位でライセンスを購入し、その証明書を用いる必要がありました。
購入には、年間数千円~十数万円の費用がかかるのが普通でした。
Let’s Encrypt(レッツエンクリプト)は独自ドメインがあれば誰でも発行できる無料のSSLサーバー証明書です。
これを使えば、無料で 面倒な更新手続き・運用を自動化しながら、安全な通信を行うことが出来るようになります。

 

もうすぐ6月です

もうすぐ6月です。

6月1日は衣替えです。半袖や風通しの良い衣服を着ましょう。
6月4日は虫歯予防デー。昼食やおやつの後にお白湯を飲むことで、口の中を清潔に保てます。

ブラウン管(CRT)

「日本では2005年度でほぼ消滅。印刷物に対して忠実な色再現性が求められるDTP分野以外は、完全に液晶ディスプレイ(LCD)に置き換わった。世界でも縮小傾向にある。」
というPC向けのCRTがこの会社にまだありました。2台も。
かなり重いです。

ブラウン管はそのものが大型の真空管で YouTubeの”Tube”もこの真空管に由来するそうです。

懐かしい話です。
ブラウン管ディスプレイは、長時間使い続けると焼き付きが発生し、画質が低下しました。特に、同じ画像を映し続けると蛍光体面にその跡が残りました。
1970~80年代のアーケードゲームやATM端末等ではタイトル画面やスコア表示などで常に点灯している部分にそのような跡がよく見られました。
問題が認識された後は、こまめに全画面を書き換えるようなアトラクト等と呼ばれる効果動画を流すようになったり、パーソナルコンピュータ等ではスクリーンセーバーが活用されるようになりました。