天王星

1781年の3月13日、ウィリアム・ハーシェルが「天王星」を発見しました。水金地火木土は紀元前2000年から知られていましたので、遅れること約3700年後に太陽系に惑星が一つ仲間入りすることになります。

この世にはまだまだ知られざることがたくさんあります。仕事にしてもまだまだ改善の余地があったり、いつか新たな技術革新によってさらなる方法を発見することもあります。

そうした発見や改善をするためには、まず基本をしっかりと習得しておかねばなりません。そこからしかスタートしないとも言えます。同じ事の繰り返しこそがそれを育むことを忘れないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です